沿革


 本校は、昭和62年に原小学校と平小学校が統合して、旧大浦中学校跡地に、舞鶴市立大浦小学校として創立された。続いて、平成3年に田井小学校、野原小学校、大浦小学校が統合した。さらに、平成5年には大丹生小学校と大浦小学校が統合した。その後平成10年に待望の丸山小学校との統合を果たし、開校から12年目にして旧大浦地区6小学校が統合した。それにより児童数が増加し、校区はさらに広がり、北は日本海、東は福井県大飯郡高浜町と接し、起伏に富んだ海岸線を呈する田井・野原・三浜・小橋・大丹生地域、河辺谷に沿って集落が点在する原地域と半島付け根の平地域の旧6小学校区からなっている。 校区の田井・野原・三浜・小橋地区は、漁業を中心に半農半漁の生活を営んでおり、定置網漁や個人による様々な漁法、渡船などで常時操業しているが、近年市内等への事業所に勤務する人も多い。中でも、野原・三浜・小橋地区では、海水浴客や釣客相手の民宿が盛んである。また、野原地区では、富山・石川・長野・岡山県などへまで海産物を商う行商に出かける人が多い。 原・平・大丹生地区は、両親が給与所得者として働くかたわら、農業に従事するという兼業農家が多くを占めている。学校近くの平工業団地には、既存の木材加工工場の他にガラスや火力発電所などの新会社も進出し、活気も出てきた。児童のほとんどが、祖父母・両親との三世代家族で、いわゆる鍵っ子は少ない。 浦入・瀬崎地区では平成16年8月に舞鶴火力発電所が稼動し、それに伴ってクレインブリッジや6つのトンネルも開通して、西大浦地域が大きく変貌した。 また、平成18年度は本校創立20年目の年にあたり、10月7日(土)に『創立20周年記念式典』を開催した。 平成19年度(平成19年5月1日現在)の児童数は112で、そのうちバスで通学している児童は80名を超えている。1日の運行回数の少ないバスによる通学は、学校生活にも少なからず影響を与えてはいるが、時間を有効に活用して特別活動や課外活動を実施している。


S62年 4月1日      

原・平両小学校統合により大浦小学校が発足
所在地 舞鶴市字平1583番地                       

4月6日

舞鶴市立大浦小学校開校式 児童数111名
昭和62年度 第1回入学式

S63年3月13日

校歌発表会  作詞 渋谷計二  作曲 前田行央

6月 2日

金管バンド編成

7月 6日

プール竣工式 プール開き

10月10日

京都国体市火リレー

11月15日

学校給食研究会開催
(京都府学校給食研究会研究委嘱、舞鶴市教育委員会実践工)

H1年 6月21日

自然教室(3泊4日)をマリンピアで4・5・6年実施

7月30日

ナホトカ市少年使節団来校

10月21日

第1回マーチングフェスティバルに出演

H2年10月21日

小学生大浦駅伝競走大会開催(8校13チーム参加)

11月20日

国語科研究発表会開催(舞鶴市教育委員会研究実践校)

H3年 1年28日

舞鶴市道徳授業研究会開催

4月 1日

田井・野原・大浦小学校統合

4月 3日

対面式 児童数156名

4月24日

大浦小学校団体保険会を設立

5月16日

交通安全優良校として表彰される

11月20日

国語科研究発表会開催(舞鶴市教育委員会研究実践校)

H4年 9月12日

学校週5日制実施(第2土曜日休業日)

10月27日

国語科研究発表会開催(舞鶴市教育委員会研究実践校)

H5年 4月 1日

大丹生小学校・大浦小学校統合

4月 3日

対面式 児童数167名

6月15日

舞鶴市道徳授業研究会開催

H6年11月25日

京都府学校文化芸術祭小中学校音楽フェスティバル出演

H7年 9月 1日

舞鶴市防災訓練大会に全校児童が参加

10月30日

算数科研究発表会開催(舞鶴市教育委員会研究実践校)

H8年 9月22日

学校創立10周年記念大運動会を開催

10月19日

学校創立10周年記念式、記念音楽会を開催

H9年10月 4日

丸山小学校との統合に向けて、合同の親睦遠足を実施

H10年 4月 1日

丸山小学校・大浦小学校統合

4月 2日

対面式 児童数181名

12月 2日

算数科研究発表会開催(舞鶴市教育委員会研究実践校)

H11年 5月 1日

クレインブリッジ開通式にマーチングバンドが参加

H12年 4月 1日

京都府小学校教育研究会「生活科」研究協力校に指定

4月20日

コンピュータ教室完成

H13年 5月 7日

地域防災無線開局

9月 1日

給食室ドライシステム化

10月25日

京都府学校安全努力校として表彰される

11月16日

京都府小学校教育研究会「生活科」発表

H14年 3月22日

衛星電話設置

H15年 8月22日

子育て支援協議会設立

H16年 7月28日

姉妹都市「中国大連」へ使節団の一員として代表児童が参加

H16年11月19日 

国語科研究発表会開催(舞鶴市教育委員会研究実践校)

H18年10月 7日 

学校創立20周年記念式典 記念音楽会を開催

11月 1日 

「大浦小マーチング隊」の解散式を行う

H20年 1月25日

コンピュータ入れ換え

4月      

学校給食調理業務民間委託開始

6月28日

古いピアノのあったかコンサート開催

H21年 1月29日

京都府教育委員会指定「京の子ども、夢・未来校」及び舞鶴市教育委員会指定研究実践校研究発表会開催

10月18日

由良川元気サミットで、引揚学習について発表(6年児童)

11月 4日

大浦育成プロジェクト 志摩機械・シマフィルム社長 志摩 敏樹 氏の講演


Copyright(C) 舞鶴市立大浦小学校. All right reserved.